Windows XPのサポート終了について - サロン開業の強い味方!POSレジ・顧客管理なら「レジポ」

Windows XPサポート終了に伴う問題

マイクロソフト社のWindows XPサポート終了により、ウイルス感染やデータ流失などの被害にあう可能性が高くなります。重要な業務データ、お客様の個人情報が危険にさらされます。

Windowsが壊れる可能性。XPはセキュリティ上無防備に

マイクロソフトが提供しているプログラムの更新は、当然マイクロソフトから提供されており、更新プログラム (セキュリティ更新プログラムを含む) は今年4月9日をもって提供されなくなります。勿論、サポートが終了してもWindows XPを使い続けることは出来ますが、今後バグや脆弱性が発見されたとしてもアップデートは行われることはありません。

それを狙い悪意のあるユーザーがウイルスや不正プログラムをばらまき始め、Windows XPユーザー間では被害が広まると予想されます。サポートが終了することで、セキュリティ上の欠陥は放置状態となり、外部からの攻撃に無防備となるのです。

無防備になったOSを使い続けるというのは、非常に危険です。
セキュリティーソフトを入れておいてもOS自体に脆弱性があれば、防ぎきることは出来ないからです。

これからもソフトウェア(POSレジ等)を安心かつ安定してご利用頂くためには、新しいOSへの移行が必要です。

[サポート終了日]
Windows 7 2020年1月14日迄
Windows 8 2023年1月10日迄

トラブル・サポートが受けられない。

Windows XPのサポートが終了すると、市販されているPCソフトやフリーソフトの対応OSから外されることとなります。(一部例外もあります。)サポートがなくなり、どのような状況になるかわからないOSでの動作を検証、保証することは不可能だからです。現在利用できているアプリケーションも、将来のアップデートでWindows XPが外れることとなります。

Windows XPでPOSレジを使用していませんか?

最近、他社のPOSソフトを使っていた方からのお問い合わせが多くございます。
現在使用しているソフトがXP以降のOSに対応していなく、乗り換え先をお探しとのことでした。

レジポはWindows XP(2014年4月9日まで)、Windows vista、Windows 7、Windows 8に対応しているので乗り換えても安心です。
また、お客様データの移行も有料となりますが受け付けております。
※お客様データの移行はソフトにより難しい場合がございますので、一度お問い合わせください。